第十一地区 その4 道路の舗装など

YOYO!!

どうも!今週は時間がなかったので

街の細かい整備状況を報告します!ごめんね!!

3da42e601406c6276978f1c04d0b16f0.png

景観がなんとなく形になってきました!









9b11e01e64c8b9adff7350c2a9b7e468.png

まず、少しだけ島を拡張。本当はできるだけ自然体の土地で作りたかったのですが、

どうしても建物のボリューム不足が否めないので仕方なく。

とにかく景観が大事です。









3fe504fdf15f8c170447e76f3c2a9be8.png

を生やしました!普通の木だとやっぱり太すぎるので

邪魔にならない柵で表現。

葉っぱも景観を邪魔しない程度にスマートな形にしました。





ec68902886394f704e015ecab3519387.png

街の至る所に植木を設置するなど、徐々に緑を増やしています!

メルヘンさは緑との調和が大事です!









b54c259e38310a2c51b9dab07f611f14.png

歩道のデザインは両端に明るい色を混ぜ込んで、よりヨーロピアンな仕上がりに。






6eb57039c0ab08f3920b3ccd89815594.png

現在の都市開発状況です。

当初から考えていた設定を説明します。

6eb57039c0ab08f3920b3ccd89815594fssfg.png

この第十一地区は3つのエリアに分かれています。

リアン、テュレーヌ、オルトープ

それぞれ建築様式が全然違うんです。

リアンは砂壁や統一された屋根が特徴的です。

テュレーヌはメルヘンな木枠の家が見られます。

オルトープはまだ手を付けていませんが、トラディショナルな様式も
もちろん、鉄道などを通して産業色を強くしていきたいと考えています。

自分でいうのも何ですが、ワクワクしません????




短いですが今回はここまで!!!

記事執筆者:OVER

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する