第十一地区 甘兎庵

うぇえええい!!!!!

13de7c290cc67e8e10c3c3b4bc29136f.png

再現力に自負あり!甘兎庵!!!

和菓子を食べられるお店です!










497e9ba1e155c4853bfcb6b1eaa4dcda.png

和と木骨造の融合が織り成した素敵な建物!!




b751011c239f33dbfd3cdf6c80048cda.png

この建物は隣の家とセットで輝きます!この緑屋根の家は別の日に紹介します。




82a3115515fd93d1335b219e5349ca4d.png

別アングル



b9da3e6d023a2ab5e4b78ac0ec50090c.png

屋根の輪郭はかなりクッキリしています。




5fafde8b9699addc9774edc89bf42c63.png

入り口です。

ええい!建物のデザインを近くでみるんじゃない!!!!



29980eb6f13eedbbda3b025615883637.png

内装です!他の建物に較べてかなり広くとっています




cc3e144a2527eb2fd531572f341c030a.png

出入り口付近にある、レジを兼ねたお持ち帰り用のカウンターです。





6632e8cce86ac7d0bee45dd28a0d0dc9.png

中央には王者の風格があるウサギが鎮座しています。




1041e81e741fdfad7838b4837192e7e7.png

赤いシートが特徴的なボックス席が並んでいます。

細かいディテールを表現するため、窓周りはフェイクとなっています。



このお店のお品書きも存在します。

3436bb58c7693f74baf40887c7a68a07.png

590278b9514a09364384db30ca58bc53.png

bc91df6c3a3accf81213fa8fd33770d6.png

この鼻につくほどかっこいいメニュー名!!






8fec0badfb39edb354e229fd2ec6753c.png

カウンター側です。






21aa50782cb60514c3e3e8308d3c7211.png

奥の暖簾をくぐった先にある台所。

422d4967ab7278ac6395387d2cfcf74f.png

食器棚や大型冷蔵庫もあります!




次は二階です!

二階…原作の公式で二階の間取りがどうやら設定されていないようなので…

本編に出てきた部屋のみを再現しました。

153fbb5ca5e527c1a024706cae9586a5.png

ここはお風呂場!温かみのある木造が特徴です!





98991f6920a713e16945bafd20add531.png

そして和室ふすまなどの和室たるセオリーを盛り込んでいます!

e71b7a1dcfed82ab8687191ed36880ff.png

別アングル。ふすま外れてるとか言うなよな!!!

内装は以上です!





しかしなんとなく気がついた人はいらっしゃるとは思いますが…

「このサイズの建物の1階に、よく客席から暖簾の奥の台所まで収まったな」

って話ですよね…。






このマイクラの規模感では部屋割りを忠実に再現するのは至難の業です。

実際にマイクラ物理学において、甘兎庵の外装と内装の規模感を矛盾なく表すことなど不可能…

そこで変な発想に挑戦しました…離れ業、亜空間建築!!

暖簾奥の台所は実はこの建物内に収まっていないのです!

75b49245d60da7aadb3ca0703834eddf.png

甘兎庵の裏にあるこのオレンジ屋根の建物の中に台所があります!!

そして二階への階段は緑の建物の内部を通って、再び甘兎庵の二階へと続いています!

オレンジ屋根の建物と緑の建物の中には、ガッッッツリ甘兎庵の内装があるのだ!!


あとこの甘兎庵は俺の拠点にするぞ!!!


以上!!!!





記事執筆者:OVER

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する