ユーピテル イオ島 歴史遺産2

ハロー!!

51ab1fc8d8dfb7d3a450feab2b55e25c.png

今日はイオ島でも伝統的(ということになっている)建築物をご紹介!

前回はこれ!→歴史遺産1









まずはオルトープ第二斜坑から見ていきます!

cb50faadebe51c308ab8c23ed16b9535.png

055d0897b1fede15033982b3ecd4c7a1.png

第一斜坑よりも新しい採掘場のため、技術革新の恩恵を受け、より深く採掘されています!




483d6c621e6a5f70837ced623e1e4363.png

これは斜坑巻上機。トロッコを巻き上げて迅速なサルベージを行います!




122d228fd5a24e5925be824871648987.png

3079ecf96851fd6ca2ed51624d709fb1.png

原木や石炭などの資材置場!








次は斜坑の内部です!

c1c28e3eb71e1ef47817fa6ce8bfe33b.png

40c69ceb1b2f425b224acd405d1f4767.png

かなり深く掘り下げられ…



3bbe1f6e63b79b52ed8e2b7a0f84b338.png

広い空間に出ました!(TNTで強引に広げた)

右側の白いポンプを地上に向かってたどると…









cd085a1a095214a788ddf13718245b2d.png

ジャン!!

これは地下水を吸い上げる仕組み。おかげでもっと深く採掘が出来る!(という設定)

ニューコメン蒸気機関」と呼ばれるものです!

Newcomens_Dampfmaschine_aus_Meyers_1890.png

実際の機構図に沿って作ってみました!

これもマイクラでは意味がありませんが、やっぱり細かく作ったほうがリアルですよね!


8dcab3185b9bf87017133c4dd87a2df1.png

内部です。

実はこの蒸気機関の家自体に元ネタがありまして。

9a3b9787938c6d94356b143a2fe541d6.png

イングランドにある「ブラックカントリーミュージアム」に展示されている蒸気機関の再現なのです。

日本語の資料があまりネットにはありませんが、これは産業時代に実験的に作られて、

初めて実用的な蒸気機関が生まれた場所らしいです!

また一つ頭良くなった!!!





今日はここまで!!


記事執筆者:OVER

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する